消化器疾患と肥満の関係

肥満との関係

消化器疾患に肥満が含まれていることをみなさんはご存知でしたか?
知らない人も多いかもしれませんが、肥満は消化器疾患のひとつの症状としてみることが出来るのです。
そして、この肥満でもっとも厄介な症状で内臓脂肪の増大があります。

みなさん肥満にならないために脂肪を減らそうとダイエットすると思います。ダイエットで減らそうとする脂肪は皮下脂肪とよばれており、これは体の外側で目に見えて脂肪が付いているか確認することが出来ます。
そして、皮下脂肪は比較的簡単に食事制限などの基本的なダイエット方法で減らすことが出来るのに対して、今回紹介している内蔵脂肪は燃焼させるのが難しく、もっとも効果的なのが有酸素運動だと言われています。

そして、この内臓脂肪が増えることで起こる症状には、高血圧、糖尿病、心血管障害といった生活習慣病が多く、さらに消化器にも影響が現れるのです。

肥満に大きく関係する消化器疾患には胃食道逆流症、脂肪肝炎、大腸ガン、胆嚢結石などがあります。
特に最近では胃食道逆流症に悩まされている人が多く、胸焼けや嘔吐感が続き集中力の低下やストレスに繋がって体調を崩してしまう人もいます。

これらの症状を回復させるためには、適度な運動と食生活のバランスを改善する必要があります。





消化器疾患について語るブログ