消化器疾患の症状について

誰でも罹る可能性がある?

消化器疾患という症状について知っていますか?

消化器疾患とは、人間の消化管と呼ばれる器官である、食道、胃、十二小腸、小腸、大腸のことを言い、肝臓や膵臓、胆のうといった器官にも関係する疾患のことを言います。

この疾患でもっとも有名なものでは胃がんや食道がんが挙げられますが、他にも様々な疾患が存在しています。
最近ではテレビのコマーシャルなどでもよく見聞きすることがある、逆流性食道炎と呼ばれる疾患があります。
この逆流性食道炎は、強い酸性の胃酸が食道に逆流することで起こる食道炎のことで、原因としては、胃酸が食道に入らないように入口を閉める筋肉が加齢と共に衰えてくる、胃酸が何らかの要因(アルコール、喫煙など)で大量に分泌される、腹部に強い圧迫を長時間受けた状態で胃の中の圧力が上昇しているときなど、原因は様々ですが、最近ではこの症状を訴える人に、若い人やまだ筋肉の衰えが少ない中年層にも、同じ症状が出始めています。

この逆流性食道炎は、ストレスや睡眠不足などが原因でも引き起こされる症状なのです。
現代ではストレス社会といわれるほどに、いたるところでストレスを感じる場所があります。
このストレスが逆流性食道炎となって若い人にも現れているのです。

このサイトでは、身近な消化器疾患の症状や原因について詳しく紹介をしていくブログです。





消化器疾患について語るブログ